バイクを洗車する時のポイント

複数の業者で見積もりをとって一番高く買ってくれる業者を見つける

一番簡単なバイクを高く売却する方法は、無料の一括見積もりを取ることです。そうすれば、どこが高く買い取ってくれるか比較できます。登録業者が60社以上あるバイク比較ドットコムでは、バイク王などの多くの有名買取業者が揃っています。数分の手間をかけるだけで数万円高く売れます!

バイクを洗車する時のポイント

バイクの洗車のポイント

 

バイクの洗車は、事細かに余すとこなくやるとかなり労力が要ります。通常は、汚れやすいポイントを抑えておき、そこに的を絞って洗車すれば手間がかからず見た目も綺麗に見えます。洗車をするタイミングは、汚れが目に付き出した時や雨の日に走った後にやるのが良いでしょう。何もせず放っておくと錆や腐食の要因となってしまいます。また、洗車をする際に同時にメンテナンスをすると効率が良いです。洗いながら劣化している部分をチェックしたり、緩んだボルトがないか見るように習慣づけておくとトラブルを事前に防げます。それでは、汚れやすい箇所や汚れが目立つ場所を見ていきましょう。

 

 

 

エンジンの下側

エンジンの下側は、前輪のタイヤが巻き上げた泥やオイルの汚れがつきやすいです。サイドスタンドで立たせた際に目を引くので綺麗にして汚れを拭きとっておきましょう。

 

 

エンジンのヘッド

ネイキッドのようなカウルレスのバイクで一番汚れが目立つのがシリンダーヘッドです。クリア塗装仕上げの場合は、ワックスをかけると塗装が傷みにくいです。

 

 

スイングアーム

ここも泥で汚れやすい部分であり、非常に目立つところでもあります。手が届きにくい部分ではありますが汚れをウエスでしっかり拭き取りましょう。

 

 

ホイール

ホイールがピカピカだとバイクは、美しく見えます。特にスポークホイールは、ホイールが目立つので綺麗にしておきましょう。

 

 

フェンダーの裏

フェンダーの裏も汚れが目立ちます。そしてスチールフェンダーの場合は、そのままにしておくと錆の原因となるので綺麗にしておきましょう。

 

 

 

 

洗車の際の注意点としては、水をかけない方が良い部分があります。メーター、スイッチ、キャブレター、電装系などです。もちろんこれらは、正面から水をかけても問題ないように作られていますが裏側や変な角度から水をかけたり高い水圧で大量の水をかけたりすると接触不良の原因となるので水をかけるときは、注意しましょう。

 

 

 

 

洗車ケミカルを上手に使う

 

バイクは、様々な素材で構成されており、汚れの原因もそれぞれ違います。それぞれの部分専用のケミカルが販売されているのでそれを使えば、一生懸命ゴシゴシこするよりあっという間に綺麗になります。それぞれの部分にあったケミカルを紹介します。

 

 

シート

 

 

縫い目の汚れもしっかり落とせ深みのある艶を取り戻せます。また紫外線やオゾンからの保護効果もあります。

 

 

スクリーン

 

プラスチックの汚れを落とし、細かい傷を取り除きます。スクリーンの透明感が戻ります。

 

 

外装

 

1本で15回分の洗車ができます。洗車後のカサつきや静電気によるホコリを除去できます。またこすり傷も防止できます。

 

 

マフラー

SP忠男ホロクリンジェルSP

 

 

化学反応で茶色に変色した焼け色を落とします。

 

 

ホイール

MOTOWNリキッドコンパウンド

 

 

植物性アルカリ界面活性剤がブレーキダストや泥や油を綺麗に取り除きます。

 

 

PITGEARサビ取り剤スーパー

 

 

赤錆に直にぬってウエスで拭き取れます。

 

 

エンジン

LAVENエンジンクリーナー

 

【LAVEN】 エンジンクリーナー 内容量:100ml

【LAVEN】 エンジンクリーナー 内容量:100ml
価格:648円(税込、送料別)

 

エンジン周りの油汚れを溶解洗浄する水溶性の化学洗剤です。

 

 

樹脂

ワコーズスーパーハード

 

 

色あせる樹脂も新品同様に復活します。

 

実際の過去の買取価格が見える

バイクを売却するなら無料の一括見積もりをとり、バイクの相場を知ることが大切です。
そうすれば、安く買い叩かれるのを防げます。バイク比較ドットコムでは、過去の実際の買取価格をみることができるのであなたのバイクが何円で売れるかイメージしやすくなっています。これをやるだけで数万円高く売れます!