バイクをオークションで売却した時のトラブルについて

複数の業者で見積もりをとって一番高く買ってくれる業者を見つける

一番簡単なバイクを高く売却する方法は、無料の一括見積もりを取ることです。そうすれば、どこが高く買い取ってくれるか比較できます。登録業者が60社以上あるバイク比較ドットコムでは、バイク王などの多くの有名買取業者が揃っています。数分の手間をかけるだけで数万円高く売れます!

バイクをオークションで売却した時のトラブルについて

 

オークションでバイクを売却した場合、
さまざまなトラブルが報告されています。

 

 

ここでは、よくあるトラブルと
その対策を見ていきます。

 

 

落札者が名義変更をしない

 

 

任意保険は他人名義のバイクでも加入可能なので
バイクが届き、更にナンバーも付いていると
そのまま乗ってしまうのです。

 

 

このままでは、
自動車税の請求があなたに来てしまいます。

 

 

駐車違反すると
違反の支払い通知は、あなたに届きます。、

 

 

もし、落札者が人身事故を起こしてしまったら、
損害賠償は、あなたが追う羽目になります。

 

 

対策としては、
バイクの廃車手続きをしてから、渡しましょう

 

 

「ナンバープレート」「印鑑」「車検証」などを持って、
陸運支局へ行ってください。

 

 

また、廃車にしたくない場合、
例えば車検がまだ残っていて、
もったいないという場合は、

 

 

落札者に名義変更をしてもらった後に
バイクを引き渡すようにしましょう。

 

 

落札金額を受け取ったら
「ナンバープレート」「車検証」「譲渡証明書」などを
落札者に郵送します。

 

 

名義変更の手続きが完了したら、
その証拠の書類を送ってもらいます。
最後にバイクを渡します。

 

 

こうすることで、確実に名義変更は行われます。
名義変更をせずにそのまま乗るというのは、

 

 

バイクをオークションで売却した場合の一番多いトラブルなので
必ず名義変更を済ませてからバイクを渡してしましょう。

 

 

バイクの受け渡し後、すぐ壊れたと修理費を請求される

 

 

これは、嘘を付いてるケースと
本当に故障してしまうケースの2つがあります。

 

 

バイク買取業者がバイクを売る場合、
必ず整備点検をしてから売るので
こういう問題はめったに起こりません。

 

 

しかし個人同士の売買のケースでは、
売る側がバイク状態を理解してないことが多いので
こういうトラブルが起きます。

 

 

自分でメンテナンスをしない、
定期点検も受けないでは、
いつ壊れてもおかしくありません。

 

 

特に250cc以下のバイクは、車検がないので
何もメンテナンスをせずに
そのまま乗ってるケースが多いので注意しましょう。

 

 

落札者側にとっては、
購入後すぐ壊れると騙されたと思います

 

 

自分が買う側の立場に立てば
高いお金を払って購入した後、すぐ壊れれば
怒るのは、当然だと思います。

 

 

そうなるとかなり面倒なことになるので注意が必要です。

 

 

対策としては、受け渡しの前に業者に点検、整備を依頼する。
あるいは、正直になにもしてないことを記載しましょう。

 

 

また高額なバイクを狙って
故障したと嘘をついてお金を取ろうしてくる悪い人がいます。

 

 

こういうケースの対策もオークションページに
バイクのことを正直かつ詳細に書くことです。
また購入後のクレームは、一切受けないと書く事も重要です。

 

 

バイクの詳細を書く知識がない人は、
オークションは、リスクが高いのでやめておきましょう。

 

 

バイクの受け渡し後に思っていたのと違うと言われる

 

 

オークションは、出品ページの写真や説明文だけで、
判断しなければいけません。

 

 

売る側としたら高値をつけたいので
できるだけキレイな写真を載せますし、
悪いところは、あえて記載しない人がいます。

 

 

そうすると落札者側は、勝手にいいイメージを持ち、
実物を見たとき、落胆と怒りがこみ上げてきます。

 

 

またバイクの状態を書いたとしても、
人によって「キレイ」の基準が違うため、
相手が見たときに汚いと判断されることもあります。

 

 

こちらの記載の不備で返品になった場合など、
送料の請求をされることもあります。

 

 

大阪から東京まで400ccのバイクを送ると
3万円くらいかかるのでこれを払えと言われると
たまったもんではありません。

 

 

トラブルを避けるために、
写真は出来る限りたくさん掲載しましょう

 

 

傷や破損がある個所は、
アップで写真を載せるなどの工夫が必要です。

 

 

説明文でもエンジンや電気系統の状態などを
かなり詳しく書きましょう。

 

 

バイクの盗難車を買わされることがある

 

 

オークションの中には、
盗難車が含まれている場合もあります。

 

 

フレームに打刻されてある
元の車体番号の部分をきれいに平削りして
不正打刻されているものもあります。

 

 

車検がある400cc以上のバイクであれば
もちろん、車検に通りません。

 

 

車検時に盗難車と気づく場合もあるので
落札してバイクを受け取ったら
すぐ車体番号を確認するようにしましょう。

 

 

 

 

 

ここまでオークションで売却する場合のトラブルをみてきましたが
基本的には、バイクに詳しい人じゃないとオークションは、向いてません。

 

 

高く売りさばくには、知識と手間が必要なのです。
それが嫌ならバイク買取業者に頼みましょう。

 

 

価格は、少し下がりますが、呼ぶだけで、
現金を置いて、バイクを持って帰ってくれるし、
クレーム対応のリスクがまったくないので
忙しい人にとっては、その方がいいでしょう。

 

 

 

実際の過去の買取価格が見える

バイクを売却するなら無料の一括見積もりをとり、バイクの相場を知ることが大切です。
そうすれば、安く買い叩かれるのを防げます。バイク比較ドットコムでは、過去の実際の買取価格をみることができるのであなたのバイクが何円で売れるかイメージしやすくなっています。これをやるだけで数万円高く売れます!