交差点で直進同士のバイクと車の事故の過失割合

複数の業者で見積もりをとって一番高く買ってくれる業者を見つける

一番簡単なバイクを高く売却する方法は、無料の一括見積もりを取ることです。そうすれば、どこが高く買い取ってくれるか比較できます。登録業者が60社以上あるバイク比較ドットコムでは、バイク王などの多くの有名買取業者が揃っています。数分の手間をかけるだけで数万円高く売れます!

交差点で直進同士のバイクと車の事故の過失割合

 

 

信号がある交差点の場合

 

信号のある交差点で
直進同士の車とバイクが衝突した場合は、
交差点進入時の信号の組み合わせで基本の過失割合が決定されます。

 

 

例えば
バイクが左から右に向かって直進して来て交差点に差し掛かり、
車は、下から上に向かって直進している時に
交差点に差し掛かったとします。
そして交差点で衝突事故が起きたとします。

 

 

その時の基本の過失割合は、下記のようになります。

 

バイク=青信号
 車 =赤信号

バイク=0%
 車 =100% 

バイク=赤信号
 車 =青信号

バイク=100%
 車 =0%

バイク=黄信号
 車 =赤信号

バイク=10%
 車 =90%

バイク=赤信号
 車 =黄信号

バイク=70%
 車 =30%

バイク=赤信号
 車 =赤信号

バイク=40%
 車 =60%

 

 

また、渋滞していて、
車が青信号で交差点に侵入したけど
赤信号になるまで通過できず、
左からきたバイクと衝突した場合は、

 

バイク=20%
 車 =80%

 

となります。

 

 

信号がない交差点の場合

 

信号がない交差点の場合は、
車とバイクのスピードと優先関係が過失割合を決めます。

 

 

道幅がほぼ同じ交差点でバイクが左方車の時
基本の過失割合は、下記のようになっています。

 

 

バイクと車が同じくらいの速度の場合

バイク=30%
 車 =70%

バイクは、減速したが
車は、減速しなかった場合

バイク=15%
 車 =85%

車は、減速したが
バイクは、減速しなかった場合

バイク=45%
 車 =55%

 

 

道幅がほぼ同じ交差点でバイクが右方車の時
基本の過失割合は、下記のようになっています。

 

 

バイクと車が同じくらいの速度の場合

バイク=50%
 車 =50%

バイクは、減速したが
車は、減速しなかった場合

バイク=35%
 車 =65%

車は、減速したが
バイクは、減速しなかった場合

バイク=60%
 車 =40%

 

 

ここまでは、道幅がほぼ同じ場合の
基本の過失割合を説明してきました。

 

 

道幅が違う場合

 

ここからは、バイクと車の道幅が違う場合の
基本の過失割合を説明していきます。

 

 

まず信号機がない交差点で
バイクが狭い道からでてきて、
車が広い道を通っている場合です。
この場合は、下記のようになります。

 

 

 

バイクと車が同じくらいの速度の場合

バイク=60%
 車 =40%

バイクは、減速したが
車は、減速しなかった場合

バイク=50%
 車 =50%

車は、減速したが
バイクは、減速しなかった場合

バイク=75%
 車 =25%

 

 

次は、信号機がない交差点で
車が狭い道からでてきて、
バイクが広い道を通っている場合です。
この場合は、下記のようになります。

 

 

 

バイクと車が同じくらいの速度の場合

バイク=20%
 車 =80%

バイクは、減速したが
車は、減速しなかった場合

バイク=10%
 車 =90%

車は、減速したが
バイクは、減速しなかった場合

バイク=30%
 車 =70%

 

 

一方が優先道路の交差点の場合

 

次は、一方が優先道路の交差点の場合です。
バイクが優先道路を走っている時に
車が入ってきて衝突した場合の過失割合は、

 

 

バイク=10%
 車 =90%

 

 

車が優先道路を走っている時に
バイクが入ってきて衝突した場合の過失割合は、

 

 

バイク=70%
 車 =30%

 

 

一時停止規制がある場合

 

次に一方に一時停止規制がある場合です。

 

 

車の方に一時停止規制がある場合は、
下記のような過失割合になっています。

 

 

バイクと車が同じくらいの速度の場合

バイク=15%
 車 =85%

バイクは、減速したが
車は、減速しなかった場合

バイク=10%
 車 =90%

車は、減速したが
バイクは、減速しなかった場合

バイク=25%
 車 =75%

車が一時停止

バイク=35%
 車 =65%

 

 

バイクの方に一時停止規制がある場合は、
下記のような過失割合になっています。

 

 

バイクと車が同じくらいの速度の場合

バイク=65%
 車 =35%

バイクは、減速したが
車は、減速しなかった場合

バイク=55%
 車 =45%

車は、減速したが
バイクは、減速しなかった場合

バイク=80%
 車 =20%

バイクが一時停止

バイク=45%
 車 =55%

実際の過去の買取価格が見える

バイクを売却するなら無料の一括見積もりをとり、バイクの相場を知ることが大切です。
そうすれば、安く買い叩かれるのを防げます。バイク比較ドットコムでは、過去の実際の買取価格をみることができるのであなたのバイクが何円で売れるかイメージしやすくなっています。これをやるだけで数万円高く売れます!